金沢大学人文学類心理学コース(学部教育)での学習・教育の紹介

 行動や認知などを実証的に研究するという立場から,本研究室では,実験・調査といった手法による実証的な心理学を学びます。主なカリキュラムは以下の通りです(金沢大学人文学類心理学コース,および文学部人間学科心理学コースのカリキュラム構成は,日本における学士課程の心理学教育の標準的な形をなしています)。
 実証的な心理学を理解し研究するためには,一定の基礎的な知識が不可欠です。そのため心理学コースでは,早いうちから幾つかの科目について必修科目として積み上げ式に履修することになっています。これらが履修できていないと最終的に卒業も出来ない仕組みになっていますので,注意が必要です。


1)実験・実習・統計法・卒業研究
 2年生では「心理学基礎実験」「心理学基礎実習」(平成28年度入学者からは「心理学基礎実験1」「心理学基礎実験2」)が必修となっています。ここでは与えられた複数のテーマについての実験を行い,データを分析し,レポートにまとめます。毎週提出が義務づけられるレポート書きは決して楽ではありませんが,これによって心理学実験の基本的な手法を学ぶことが出来ます。
 データ分析には統計法が用いられることから,2年生ではこの統計法の基礎を学ぶ「心理統計法1」「心理統計法2」も必修となっています。心理学で使われる基本的な心理統計を学びます。

 3年生では「心理学実験法」「心理学調査法」「心理学実験・調査演習」がコース必修科目として設定されています。「心理学実験法」「心理学調査法」ではより高度な実験の技法や調査の手法を学びます。また,「心理学実験・調査演習」では自らの関心に基づいた研究テーマについて実験・調査を行いレポートにまとめ,これを土台にして4年生での卒業研究へと進みます。

 4年生では自らの研究を「卒業論文」にまとめます。


2)講義・演習
 心理学研究の全体像をつかめるようにした「心理学概論1」「心理学概論2」が用意されています。平成28年度入学者からは2年生での履修科目となります。
 個別領域についてはコースに所属してから受講できます。心理学の諸領域(神経心理学・認知心理学・学習心理学・人格心理学・社会心理学・臨床心理学)について概説する講義や隣接領域の講義,テーマを絞った特殊講義が用意されています。また,英語論文などを読み,専門のテーマを学ぶ演習も用意されています。